HOME>>イベント・報道情報>>第2回領域シンポジウム>>開催概要・プログラム

「コミュニティで創る新しい高齢社会のデザイン」研究開発領域第2回領域シンポジウム

開催概要

※本シンポジウムは終了しました。


プログラム

10:00 - 10:05
開会挨拶
10:05 - 10:50
基調講演「小説『プラチナタウン』が示すもの」
楡 周平 (作家)
基調講演について
楡 周平氏
『プラチナタウン』著者 作家
1957年生まれ。慶応義塾大学大学院修了。米国系企業に勤務中の1996年、『Cの福音』で衝撃のデビューを飾り、 30万部を超えるベストセラーに。翌年から作家業に専念。現在は、主に経済小説、ビジネス小説を執筆している。 本書『プラチナタウン』と一対とされる介護問題に鋭く斬り込んだ『介護退職』のほか、『ゼフィラム』 『血戦 ワンス・アポン・ア・タイム・イン東京2』など、著書多数。
10:50 - 11:00
研究開発領域について 発表資料(PDF:1,691KB)
秋山 弘子(領域総括/東京大学高齢社会総合研究機構 特任教授)
11:00 - 12:00
平成24年度採択プロジェクト プロジェクト紹介
研究代表者
『高齢者ケアにおける意思決定を支える文化の創成』 発表資料(PDF:1,638KB)
清水 哲郎(東京大学 大学院人文社会系研究科 特任教授 )
『認知症高齢者の医療選択をサポートするシステムの開発』 発表資料(PDF:1,024KB)
成本 迅(京都府立医科大学 大学院医学研究科 精神機能病態学 講師)
『健康長寿を実現する住まいとコミュニティの創造』 発表資料(PDF:3,574KB)
伊香賀 俊治(慶応義塾大学 理工学部 教授)
『広域避難者による多居住・分散型ネットワーク・コミュニティの形成』 発表資料(PDF:2,155KB)
佐藤 滋(早稲田大学 理工学術院 教授/総合研究機構 都市・地域研究所 所長)
『認知症予防のためのコミュニティの創出と効果検証』 発表資料(PDF:3,425KB)
島田 裕之(独立行政法人国立長寿医療研究センター 老年学・社会科学研究センター
自立支援開発研究部 自立支援システム開発室 室長)
『2030年代をみすえた機能統合型コミュニティ形成技術』 発表資料(PDF:1,586KB)
小川 全夫(特定非営利活動法人アジアン・エイジング・ビジネスセンター 理事長)
12:00 - 13:00
昼食休憩
13:00 - 14:00
平成22年度採択プロジェクト 成果報告
進行
新谷 洋一(領域アドバイザー/株式会社日立製作所 研究開発本部 技術戦略室)
研究代表者
『在宅医療を推進する地域診断標準ツールの開発』 発表資料(PDF:1,730KB)
太田 秀樹(医療法人アスムス 理事長)
『新たな高齢者の健康特性に配慮した生活指標の開発』 発表資料(PDF:1,006KB)
鈴木 隆雄(独立行政法人国立長寿医療研究センター 研究所長)
『ICTを活用した生活支援型コミュニティづくり』 発表資料(PDF:1,586KB)
小川 晃子(岩手県立大学 社会福祉学部教授・地域連携本部副本部長)
『セカンドライフの就労モデル開発研究』 発表資料(PDF:1,565KB)
辻 哲夫(東京大学 高齢社会総合研究機構 特任教授)
14:00 - 14:25
平成23年度採択プロジェクト ショートトーク~ポスター内容の紹介~
研究代表者
『社会資本の活性化を先導する歩行圏コミュニティづくり』 発表資料(PDF:1,954KB)
中林 美奈子(富山大学 大学院医学薬学研究部 准教授 )
『「仮設コミュニティ」で創る新しい高齢社会のデザイン』 発表資料(PDF:980KB)
大方 潤一郎(東京大学 大学院工学系研究科 都市工学専攻 教授)
『高齢者の虚弱化を予防し健康余命を延伸する社会システムの開発』 発表資料(PDF:1,524KB)
新開 省二(地方独立行政法人 東京都健康長寿医療センター研究所 研究部長)
『高齢者の営農を支える「らくらく農法」の開発』 発表資料(PDF:1,327KB)
寺岡 伸悟(奈良女子大学 文学部人文社会学科 准教授)
『高齢者による使いやすさ検証実践センターの開発』 発表資料(PDF:1,269KB)
原田 悦子(筑波大学 人間系心理学域 教授)
14:25 - 14:55
ポスターセッション・休憩
14:55 - 15:55
パネルディスカッション①
「高齢社会のCAREとCURE~高齢者における医療・認知症を考える~」
進行
南 砂(領域アドバイザー/読売新聞東京本社 編集局次長 兼 医療情報部長)
パネリスト
永田 久美子(領域アドバイザー/認知症介護研究・研修東京センター
研究部副部長・ケアマネジメント推進室長)
太田 秀樹(研究代表者/医療法人アスムス 理事長)
辻 哲夫(研究代表者/東京大学 高齢社会総合研究機構 特任教授)
清水 哲郎(研究代表者/東京大学 大学院人文社会系研究科 特任教授 )
成本 迅(研究代表者/京都府立医科大学 精神機能病態学 講師)
島田 裕之(研究代表者/独立行政法人国立長寿医療研究センター
老年学・社会科学研究センター
自立支援開発研究部 自立支援システム開発室 室長)
15:55 - 16:00
休憩
16:00 - 16:55
パネルディスカッション②・フロアとの意見交換
「コミュニティ『で』新しい高齢社会をつくるには~多様なステークホルダとの連携可能性を探る~」
進行
秋山 弘子(領域総括/東京大学高齢社会総合研究機構 特任教授)
パネリスト
太田 秀樹(研究代表者/医療法人アスムス 理事長)
鈴木 隆雄(研究代表者/国立長寿医療研究センター 研究所長)
小川 晃子(研究代表者/岩手県立大学社会福祉学部教授・地域連携本部副本部長)
辻 哲夫(研究代表者/東京大学高齢社会総合研究機構 特任教授)

※ホームページの参加申込フォームでは、事前にご質問・ご意見を受け付けております。
16:55 - 17:00
閉会挨拶
17:00 - 17:30
ポスターセッション
閉会挨拶終了後も、ポスターセッションを実施いたします。ぜひお立ち寄りください。

イベント・報道情報