HOME>>イベント・報道情報>>高齢社会におけるアクションリサーチの可能性

『高齢社会のアクションリサーチ -新たなコミュニティ創りをめざして』出版記念イベント 高齢社会におけるアクションリサーチの可能性

開催趣旨

 JST社会技術研究開発センター(RISTEX)「コミュニティで創る新しい高齢社会のデザイン」では、高齢社会が直面している課題に対して、コミュニティとの協働によりその課題解決に向けた取り組みを推進する中で、「アクションリサーチ」という研究開発手法を推奨してきました。

 しかし、アクションリサーチは、その方法論が体系的に科学的な研究手法として十分に確立されているわけではありません。そこで、本領域では、コミュニティにおけるアクションリサーチの方法論の体系化、科学的研究として論文化するための手法の提示を目的に議論を重ねてきました。そこでの議論を取りまとめた成果として、書籍『高齢社会のアクションリサーチ――新たなコミュニティ創りをめざして』を出版いたしました。

 このたびのイベントでは、本書でも取り上げたアクションリサーチの取り組み事例を紹介するとともに、アクションリサーチの意義や課題について、皆さんと一緒に考えて行きたいと思います。研究者や院生だけでなく、自治体職員、市民、企業人など地域の課題解決に取り組む方々はぜひ奮ってご参加ください(当日、割引価格にて書籍の即売会を行います)。


開催概要

本イベントは終了しました。 たくさんのご来場ありがとうございました。


プログラム

※プログラムは暫定版です。随時更新いたします。

15:00 - 15:05
開会の挨拶
秋山 弘子(領域総括/東京大学高齢社会総合研究機構 特任教授)
15:05 - 15:25
本書の紹介
冷水 豊(領域アドバイザー/日本福祉大学地域ケア研究推進センター 研究フェロー)
15:25 - 16:15
アクションリサーチの事例紹介
野藤 悠(公益社団法人地域医療振興協会地域医療研究所)
中林美奈子(富山大学大学院医学薬学研究部 准教授)
16:15 - 16:30
話題提供
矢守克也(京都大学防災研究所巨大災害研究センター センター長)
16:30 - 17:00
パネルディスカッション
野藤 悠/中林美奈子/矢守克也
袖井孝子(領域アドバイザー/お茶の水女子大学 名誉教授) [ファシリテーター]
17:00
閉会
17:30 - 19:00
懇親会(会費制)

イベント・報道情報