コミュニティで創る新しい高齢社会のデザイン

RISTEXは、平成22年度、高齢社会をテーマにした新たな研究開発領域「コミュニティで創る新しい高齢社会のデザイン」を設定し、活動を開始しました。

我が国の65歳以上の高齢者人口は、2013年には4人に1人、2030年には3人に1人となると予想されています。
  RISTEXでは、この世界でも類のない高齢社会の到来を目前にして、現在生じている、またこれから発生すると予測される社会の具体的な問題について洗い出し、広く社会の関与者の協働による研究体制のもと、現場を持つコミュニティレベルで実践的な研究開発を行い、問題解決に資する新しい成果を創出することを目指しています。

領域総括:秋山弘子(東京大学高齢社会総合研究機構 特任教授)

日本は世界の最長寿国です。現在、高齢者は人口の22%ですが、2030年には3分の1になります。75歳以上の人口が急激に増加し、1割の高齢者が認知症、4割が一人暮らしをしていると予測されています。80歳、90歳の一人暮らしが一般的になります。世界のどの国も経験したことのない超高齢社会が日本に到来します。

人口高齢化の影響は医療や福祉の領域にとどまらず、経済・産業・文化の広い領域で相互に関連する複雑な課題を提起しており、解決するためには社会の高齢化に応じた新たな価値観の創造と社会システムの抜本的見直しが必要です。

日本全国で約6000人の高齢者を20数年にわたって追跡調査した結果、約8割の人が70歳半ばまで一人暮らしができる程度に元気ですが、それ以降自立度の低下が始まることがわかりました。この70歳半ば以降の人口が今後20年で倍増することを考えると、今、私たちが急いで何をしなければならないかは明白です。

ひとつは、下降の始まる年齢を2年でも3年でも延ばすこと、すなわち、健康寿命の延長です。もう一つは、高齢者人口の高齢化により、確実に増加が予測される助けが必要な高齢者の生活を支援する社会のインフラ整備です。

私たちは、まだどこの国も解決したことのない高齢社会の課題に挑戦し、世界に先駆けてモデルをつくっていかなければなりません。多くの課題は、日常、私たちが生活する場にあるため、私たちが生活するコミュニティの課題を解決し新たな可能性を追求する具体策を考案し、実際にやってみる社会実験はひとつの有効なアプローチです。このような取り組みには、従来の縦割りの学術分野に閉じこもらず、他の分野と連携する柔軟性が必要です。さらに、学術の世界を超えて、自治体や民間団体、住民と協働し、創造力を駆使して粘り強く現場の課題に取り組んでいく新たな形の研究体制と研究方法が求められます。

志を同じくする産学官民のメンバーが、それぞれの役割をしっかり担って新たな高齢社会のデザインに取り組むとき、生涯、生き甲斐をもって安心して暮らせる、長寿を心から喜ぶことのできる社会の実現が可能になると確信しています。

「コミュニティで創る新しい高齢社会のデザイン」WEBサイト

「平成21年度新規研究開発領域に関する報告書」について

平成22年11月

社会技術研究開発センターは、平成21年度に新しい研究開発領域の探索を行い、平成22年度に「コミュニティで創る新しい高齢社会のデザイン」研究開発領域を設定しました。
その経緯をとりまとめた報告書を公表します。

平成21年度新規研究開発領域探索に関する報告書−「コミュニティで創る新しい高齢社会のデザイン」研究開発領域設定経緯(PDF:2982KB)

研究開発領域の構成

本領域では以下の構成で研究開発活動を推進します。
研究開発プログラム「コミュニティで創る新しい高齢社会のデザイン」

上へ戻る