JST社会技術研究開発センター(RISTEX)第13回社会技術フォーラム〜新領域に関する社会との対話〜
人と情報のエコシステム
情報技術が浸透する超スマート社会の倫理や制度を考える

第13回社会技術フォーラム 人と情報のエコシステム

 現在、世界的なネットワーク化が急速に進み、IoT、ロボット、人工知能といった情報技術が社会の中に実装され始め、より豊かで効率性の高い社会システムが実現されるとの期待が高まっています。その一方で、シンギュラリティや「代替可能な職業」の議論に代表されるような、人間や社会に対する脅威論も語られはじめています。

 こうした中、科学技術振興機構(JST)社会技術研究開発センター(RISTEX)では、人と情報技術は対立軸で語るものではなく、人のために機能するシステムであると捉え、平成28年度に新規の研究開発領域を設立するために様々な検討を進めてまいりました。本フォーラムでは、その検討の一環として、情報技術がもたらすメリットを最大化/リスクを最小化し、技術/施策に反映させるための研究開発を最先端の研究者・実践者と考え、新たな研究領域としてどのような取り組みが必要なのかを話し合います。

本フォーラムの参加申し込みは定員に達しましたため受付を終了しました。
たくさんのお申し込み、誠にありがとうございました。

開催概要

日時:平成28年2月17日(水) 13時00分〜17時30分(受付時間 12時30分〜)

場所:丸ビルホール (東京都千代田区 丸の内2丁目4-1 丸ビル7階)

主催:国立研究開発法人科学技術振興機構社会技術研究開発センター

プログラム

13:00-13:20 開会・趣旨説明
開会挨拶
領域構想案の説明
13:20-14:10 講演
  山形浩生 「人工知能vs人類:その希望と現実?」

山形浩生(翻訳家・評論家)
1990年東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻修士課程修了後、大手調査会社入社。その傍ら、広い分野で翻訳と執筆を手がける。主な訳書はピケティ『21世紀の資本』(みすず書房)など。専門は、都市計画、開発途上国援助、経済学、未来技術など。


高西淳夫

「情報技術の可能性と社会適応時に考慮すべきこと ーロボット工学者の視点から」
高西淳夫(早稲田大学理工学術院創造理工学部総合機械工学科 教授)
1988年早稲田大学理工学部博士号取得。その後、同大学理工学部助教授などを経て、1997年より教授。専門はロボティクスの開発。現在、日本ロボット学会会長も務める。

14:10-14:20 休憩
14:20-15:35 講演 
  福井健策

「人工知能と著作権」
福井健策(弁護士(日本・ニューヨーク州)/日本大学芸術学部 客員教授)
1991年 東京大学法学部卒。1993年 弁護士登録(第二東京弁護士会)。米国コロンビア大学法学修士課程修了(セゾン文化財団スカラシップ)、シンガポール国立大学リサーチスカラーなど経て、現在、骨董通り法律事務所 代表パートナー。


中島孝

「ロボットスーツHALの医療応用における健康概念の変更と主観評価アウトカムに関する研究ーサイバニックニューロリハビリテーションの治験実施から」
中島孝(独立行政法人国立病院機構新潟病院 副院長)
1983年新潟大医学部卒。1991年医学博士。NIHフェローを経て、2004年より現職。専門は神経内科学、神経リハビリテーション医学など。厚労省及び日本医療研究開発機構の難治性疾患実用化研究事業研究代表者を務める。


久木田水生

「人と科学技術の複雑な関係:過去から未来へ」
久木田水生(名古屋大学大学院情報科学研究科 准教授)
2005年、京都大学文学研究科で博士学位(文学)を取得。その後、京都大学などで非常勤講師などを経て2014年より現職。専門は哲学・倫理学・人文情報学。研究会「ロボットの応用哲学」、「AIR:人工知能が浸透する社会を考える」のメンバー。

15:35-15:50 休憩
15:50-17:25 パネルディスカッション
  國領二郎

【モデレーター】
國領二郎(慶應義塾大学総合政策学部 教授)
1982年東京大学経済学部卒業後、日本電信電話公社入社。92年ハーバード・ビジネス・スクール経営学博士。93年慶應義塾大学大学院経営管理研究科助教授などを経て現職。現在、慶應義塾常任理事も務める。専門は経営情報システム。


【パネリスト】
城山 英明(東京大学公共政策大学院・法学政治学研究科 教授)
江間 有沙(東京大学教養学部附属 教養教育高度化機構 特任講師)
鳴海 拓志(東京大学大学院情報理工学系研究科 助教)
高西淳夫(早稲田大学理工学術院創造理工学部総合機械工学科 教授)
中島孝(独立行政法人国立病院機構新潟病院 副院長)
久木田水生(名古屋大学大学院情報科学研究科 准教授)

17:25-17:30 まとめ
  閉会挨拶

 

※プログラムは予定であり、変更となる可能性もございます。あらかじめご了承ください。

参加申し込み

お申し込みはこちら(参加費無料/要事前申し込み)

お問い合わせ

JST社会技術研究開発センター(RISTEX)平成28年度新領域設立準備事務局
E-mail:stforum13<at>ristex.jp TEL:03-5214-0132 FAX:03-5214-0140
(メール送付の際<at>を@に変更してください)

上へ戻る